勤怠管理システムの自動化の問題点

subpage01

勤怠管理システムとは社員の遅刻、早退、欠勤等を把握し給与計算に反映させるシステムです。
通常、勤怠管理は自己申告制かタイムカード制ですが人事担当者から「何とか自動化できない物か?」というお話が出る事があります。

勤怠管理システム情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

現在では社員にIDカードを持たせて出入口でセンサーにタッチさせ入出管理を行なっている所も多いので、その入出管理のデータを勤怠管理システムに活用できないか?というケースが多いです。

入出管理は従業員や顧客等の社屋への入出が許可されている人だけを通し不審者の侵入を防止するとともに持ち込み禁止物や持出し禁止物の所持チェックを行う事が目的です。

待望のgoo ニュースの特徴についてをいくつか紹介しています。

必ずIDコードと共に入社時間、退社時間が記録されますから、それを使用すれば遅刻、早退、欠勤が把握できるだろうし残業時間まで算出できそうな気がします。

社員数の多い会社では給与計算業務の中でも一番、手間のかかる遅刻や欠勤、残業時間等の入力を自動化できれば相当に楽になる訳です。
ですが勤怠管理システムの完全自動化を行った結果、予定通りの成果が得られたという例はほとんど無いのです。



「出社時間」「退社時間」と遅刻、早退、欠勤は必ずしも一致しません。
前日に上司に「明日は顧客の所へ直行してから出勤します」と断っているケースでは当然、出社時間は定時より遅くなりますが、これを遅刻扱いはできません。
同様に「顧客を回って直帰します」というケースも早退扱いにはできません。

また事前に有給休暇の申請が出され受理されている場合は欠勤にはなりません。また残業には上司の許可が必要です。

つまり勤怠管理は時間情報だけで無く承認情報が必要なのです。


しかし承認情報はありませんから結局、後で確認をする必要が出てしまい、むしろ手間がかかってしまうのです。


勤怠管理システムは自己申告制にして入力をいかに早く行えるかを検討した方が現状では良い結果が得られる事の方が多いのです。

最新情報

subpage02

勤怠管理システムは紙のタイムカードによる勤怠管理をスムーズに行える、勤怠管理に掛かる工数を削減する事が出来るなどのメリットがあります。但し、従業員は勤怠管理に掛かる工数自体はそれほど変わるものではなく、寧ろ管理業務を行う作業工数を削減出来るのが魅力になっています。...

NEXT

驚く情報

subpage03

勤怠管理システムは勤怠管理に掛かる工数を削減する事が出来る、計算ミスを防止出来るなどのメリットがあります。従来型の勤怠管理は紙のタイムカードを中心に管理が進められていました。...

NEXT

企業の特徴紹介

subpage04

企業にとって、社員の勤務時間を管理することは、昨今の社会情勢からも極めて重大な問題であると言えます。社員の健康管理ができなければ、企業としての信頼を失ってしまいますし、何より社員のモチベーションを低下させてしまいますので、会社の業績不振にもなりかねないのです。...

NEXT

読めば解る

subpage04

社員の健康を守ることは、会社としての責務であると言えます。最近、長時間労働による弊害が社会現象にもなっていますが、会社は社員の勤務時間をしっかりと把握して、総労働時間の抑制に努めなければなりません。...

NEXT